ネオログ

初心者向けに絵の描き方を紹介をしつつ色々考えるブログ

お絵描きソフトのレイヤーって何? レイヤー機能の紹介!!

f:id:neo00067825:20180913101128p:plain

 

ようやく買ったデジタルツール。

 

しかし機能がわからない……。

 

レイヤーってなに?


って思う方いるかと思います。


今回は初歩的なことではありますが、レイヤーとはなにか? について語りたいかと思います。

 


レイヤーとは?


レイヤーとは透明な紙と考えるといいですね。


昔のアニメでは、セル画という透明なフィルム? 人物がきて、その下に背景という構造になっていました。

 

下の画像の感じです。

f:id:neo00067825:20180913100650p:plain

 

不透明度を変更しよう

 

各レイヤーは不透明度の数値を変更できます。

 

通常時は不透明度の数値は100%になっていて、絵を描いたそのままの状態で表示されていますが。

 

この不透明度の数値を0%に近づけていくと描いた絵を薄くすることができます

 

この数値はいつでも調整可能です。

 

 

よく使うレイヤーの合成モード


ここでは私が普段よく使う合成モードについて説明したいと思います。

 

〈通常〉

f:id:neo00067825:20180913112148p:plain


下層レイヤーに調整中レイヤー色をそのまま重ねます。


基本色や主線(イラストの構成によっては乗算にする場合もあります)、はみだし修正などの最終仕上げなどで使います

 

 

〈乗算〉

 

f:id:neo00067825:20180913111956p:plain

下層レイヤーに調整中レイヤーの色を掛け算で加えます。


下層レイヤーと調整中レイヤーをなじませつつ、調整中レイヤーの色をより濃く反映したものが表示されます


下層レイヤーが黒の場合はそこから色が変化しません。

 

また調整レイヤーに白で描いてもなにも描写されません。

 

 

〈オーバーレイ〉

f:id:neo00067825:20180913112011p:plain

個人的に最も多用します。


調整中レイヤーのRGB数値が高い場合、下層レイヤーと合わせたときに表示される結果は明るく表示されます。


逆に調整中レイヤーのRGB数値が低い場合、下層レイヤーと合わせたときの結果は暗くなります。

 

絵の状態にもよりますが、このオーバーレイをうまく活用することが自然な絵を描く鍵かと思います。

 

〈スクリーン〉

f:id:neo00067825:20180913112107p:plain

乗算の逆で、調整中レイヤーを下層レイヤーと合わせたとき、明るい部分をより明るく、下層レイヤーで暗い部分でも、明るくしていきます。

 

個人的に使う箇所はハイライトの最も明るい部分で使います。(キャラクターの目など)

 

 


以上4つの合成モードを私はよく使います。これにさらに各レイヤーの不透明度を調整してなじませていきます。

 

 

最後に


今回はレイヤーのことについてお伝えしました。


紹介した合成モード以外にも、色々あります。ソフトによりますがphotoshopになると20種類以上もあります。

 

上記で紹介した合成モード以外にも、絵の種類によって必要な合成モードというのは変わってくると思います。

 

皆様も絵の練習をしていく中で、自分なりにレイヤーの使い方を編み出していきましょう!!